2016年09月07日

たまにはお勉強

先日、久ぶりに大阪に行き、ウイスキーの試飲会に参加してきました。



いくつか試飲して購入しようかなというのもありましたが、一番気になったのが「ジン」(笑)

ウイスキーの試飲会で何でジン?

いや、そんなブースがあったんですよ(笑)

近いうちに入れると思います♬



そして本日はお菓子関係の展示会に。



カクテルとお菓子って似ているところがあって、参考になったりします。


そんなこんなで、たまにはお勉強してます(^^;;  


Posted by THE BARMAN at 21:04Comments(0)その他

2016年03月05日

春が来た

今日は暖かかったですね〜。

つい先日に買った桜の枝が、もう花を咲かせてほぼ満開です。



春にちなんで、シングルモルト スコッチウイスキーの「スプリングバンク」なんてイイですね♬


  


Posted by THE BARMAN at 17:18Comments(0)その他

2015年10月16日

自家製 オリーブの新漬け

昨年から挑戦した「オリーブの新漬け」。
今年も仕込みました。



(農薬は使ってませんので、あまり綺麗でないです(汗))

まず収穫ですが、これがなかなか大変。
木が大きいのでハシゴを使って、汗だくになって収穫。

そして、それを苛性ソーダを使ってアク抜き。そのあと苛性ソーダを抜くのに、水を入れ替え入れ替え数日。

それを塩分濃度が低めの塩水に漬けて数日。
さらにそのあと塩分濃度を少し濃くして漬け数日。

やっと最終段階まで来て、あとは塩分が染み込むのを待つだけです。

昨年は収穫が少し遅かったのと、アク抜きが少し甘かったせいか出来は今ひとつでしたが、今年は今のところ上手くいってます。

これが成功すれば開店当初の夢であった、自家製のレモンピールと自家製のオリーブでカクテルの王様のマティーニを作ることが出来ます☆

さすがにレモンピールとオリーブを自家製でまかなえるBARはそうは無いと思いますので、ある意味究極のマティーニが完成するかと…
(あくまで仮定ですので、されているところがあればゴメンなさい)

乞うご期待!  


Posted by THE BARMAN at 03:10Comments(0)その他

2015年06月09日

審査員のお仕事

日曜日に大阪でエリート・バーテンダー・カクテル・コンペティションの関西本部選考会があり、審査員の仕事をしてきました。




24人の選手の味覚審査で、素晴らしく美味しいのもあり、それなりのもあり、でしたが、選手は皆それぞれ練習に励み頑張ってきたと思いますので、そんな選手に点数をつけるのは難しかったです(T_T)

今回は非公開でしたが、だいたいは一般の方も見学出来ますので、次回は見に来ていただければと思います。  


Posted by THE BARMAN at 18:45Comments(0)その他

2015年03月20日

突然の北欧からの来訪者に情け

先日の深夜にお客様が一組おられて、もうオーダーは無いということで片付け始めていた時に、金髪の背の高い男性が入ってきた。

僕はつたない英語で、「Sorry closed」と(汗)。

いいよ、わかった。でも、タクシーをお願い出来るかな?と、英語で言ったと理解できた(笑)。
ちょっと待って、と電話してタクシーをお願いすると15分ほど時間が掛かります、とのこと。
15分て、フィフティーンってちゃんと言わなきゃフィフティーっ聞こえたらどーしよ、とか程度の低いことを思いながら考えた末に…

Wait 10 minutes.(爆笑)

わかってもらえた様で、座っていいか?と椅子に座り、「突然の雨で頭も肩もすごく濡れたよ」と。
あぁ、それでタクシーに乗ろうと思ったのかと考えながら、きれいなハンドタオルを渡し、ミネラルウォーターもお出しした。


どこから来たの?と聞いたら。

Norway.

え、ノルウェー?
ノルウェーって何処だかわかりますか?
北欧、ヨーロッパの上の方くらいしか、私はわかりませんでした(汗)



ノルウェーって何かお酒あったっけとか、さすがに村上春樹のノルウェーの森とか知らないだろうなぁとか、なんか後に続く話をしようと思ったが出てこず(笑)
何か言おうと思い出てきたのが。

Business?(爆笑)

あれ、workでもよかったんだっけ?とか焦りながらの言葉も通じたみたいで、どうやら仕事で和歌山に来られたようだった。
東京→大阪→和歌山→京都→東京で帰ると言っていた。

そのあと、ノルウェー語って、どんなのですか?
と聞きたかったが、語学力の無い私にはレベルが高すぎて断念。
日本語はわかりますか?としか聞けなかった(汗)

するとつたない言葉で、「はい」、「いいえ」、「有難う」だけ言えるという。


そうこうするうちにタクシーが来て乗って行かれた。

はぁ、疲れた(笑)
英語がもっと出来れば…
と思ったが、いつも思うだけで(汗)


別にお客さんでも無いのに、思わず体が動いておもてなし?をしてしまったが、「情けは人の為ならず」巡り巡ってその情けは自分に返ってくると考えれば、少しは良いこと出来たかなと思いました。

ノルウェーに帰られて日本人は優しかったよと、と他の人に少しでも言ってもらえれば日本人として誉でございます。





  


Posted by THE BARMAN at 19:49Comments(0)その他

2014年11月07日

恥ずかしながら…

恥ずかしながら、地元のローカル誌に載せてもらいました (;^_^A



  


Posted by THE BARMAN at 17:35Comments(0)その他

2014年06月29日

本日の花



こんな感じに生けました。


さあ、今日はこれから氷の講習会。
頑張ろ〜♬




  


Posted by THE BARMAN at 13:15Comments(0)その他

2014年06月11日

紫陽花

空がどんより、雨もしとしと。
梅雨らしいお天気ですね。

野外でスポーツを出来ないのは楽しくないですが、紫陽花が好きなのでそんなに嫌いな季節ではないです♬



今日も実家にミントを採りに行ったんですが、庭に生えてる額紫陽花が綺麗に咲いていたので、店用に少し切ってきました。

さぁ、どんなに生けようかな。

  


Posted by THE BARMAN at 14:45Comments(0)その他

2014年05月17日

お客様からのプレゼント♬

先日、外国旅行に行かれたお客様から、シガー(葉巻)を頂きました。



免税店で安く買ったからと言われてましたが、最高級のキューバ産で日本で買えば何千円もするものです。

私はタバコは生まれてこのかた、ほぼ吸ったことは無いですし今も吸っていません。
ですが、20代の後半ごろでしょうか?
50歳になったら格好いい葉巻の似合う男になりたいと思い、少しですがたま〜に吸ってきました。

(*シガー(葉巻)は肺に入れない(吸い込まない、吹かすだけ)ので、タバコを吸ったことが無い方でも、全く問題なく経験出来ます。)

なぜそんな若い時から始めたのか?
それは50歳で始めても、慣れてもないし板についてないから格好悪いじゃないですか。
20数年後の自分に投資した訳です(爆笑)

シガーに関しては残念ながら、なかなか格好良く綺麗に吸われている人を見ません。
もちろん私もまだまだですが、50歳の格好いい男を目指し日々精進です。

あ、当店でも扱ってますので、シガー(葉巻)に興味のある方はぜひ吸って下さい!

と、言うことで?(笑)、有難く頂戴致しますm(_ _)m  


Posted by THE BARMAN at 20:23Comments(0)その他

2014年04月22日

支部長就任

昨日はバーテンダー協会の本部総会に出席しました。



で、急でしたが、なんとバーテンダー協会の和歌山支部長になりました。



私の様な人望の薄い人間がしてもいいのかと思いましたけど、誰もする人がいなかったんでしょうね(笑)

とりあえず、ボチボチ頑張ります。  


Posted by THE BARMAN at 19:45Comments(0)その他

2014年03月06日

3月の休み案内

少し遅くなりましたが、今月の休みの案内です。

定休日(月曜日)通りの

3日(月)
10日(月)
17日(月)
24日(月)
31日(月)

以上、です。


実家のお酒倉庫から、またまたレアウイスキーを持って来ました。



興味のある方があれば開栓します。
高級ですけど…(汗)  


Posted by THE BARMAN at 18:39Comments(0)その他

2014年02月01日

2月の休み案内

2月の休みは

2日(日)
3日(月)
10日(月)
11日(火)
18日(月)
25日(月)

です。

定休日の月曜に加え、2月は2日(日)と11日(火)も休ませて頂きます。


ラムとビール(IPA インディア ペールエール)を注文しています。
今月中には入荷予定ですのでお楽しみに♬

それと、グラスも少し注文していますので、そちらの方もお楽しみに♬  


Posted by THE BARMAN at 19:31Comments(0)その他

2014年01月21日

オン・ザ・ロック

早い時間に暇だったので、ナイフで丸氷を作りました。



昔はアイスピックでしていたのですが、ここ何年かは包丁で仕上げています。

アイスピックの丸氷も味があって好きですが、ナイフで仕上げた綺麗さは、また一味違います。

時間がかかりそうに見えますが、コツさえ掴めば意外と簡単。

たま〜に仕込んでいますので、オン・ザ・ロックを頼まれたら、丸氷で登場するかもしれません。

また、すっごく時間があれば、5〜10分ほどで作れますので、時間を見計らって頼んでみて下さい。

高級ウイスキーを頼まれたら、二つ返事でお受けするかも(笑)  


Posted by THE BARMAN at 19:55Comments(0)その他

2014年01月08日

ザ・マッカラン!

今月のお休みを連絡していませんでしたので…

これこらの、1月のお休みは。

13日(月)
20日(月)
27日(月)

です。
いつも通りの月曜ですので、特に変わりはありません。


そしてそして、先月開けたラフロイグ 1987が早々に出てしまったので、今年の一発目はこのマッカランを開けました。



ドラムマンが懐かしい、イタリア回りの「ザ・マッカラン 7年」です。

最近は昔のマッカランがかなり高騰していて、この7年も楽天やヤフオクでは怖い値段になっていますが、まだ手に入れやすい時に入手したものなので、程々のお値段でお出し出来ます♬

シェリーを全面に出している今のマッカランと違い、とても上品にシェリーを感じる時代のマッカランです。
この機会に是非お呑み下さい(^^)  


Posted by THE BARMAN at 20:09Comments(0)その他

2014年01月02日

明けましておめでとうこざいます☆

2014年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。



さて、結局スタッフが決まらなかったので(笑)、今日(1/2)からは私一人での営業となります。

流石に一人ですと、今までのようなクオリティやサービスが出せないので、苦心の結果『人数制限』をする事にします。

私の力では、同時に6人くらいのお客様しかお相手出来ないと想像しています。
(大人数はダメという事ではなく、お客様がおられない状態ですと、6名様でも大丈夫です。)
ですから、6人来られていたら、その後来られたらお客様には誠に申し訳ないですが、お引き取り頂こうかと…

しかし、ケースバイケースですので。
例えば、ウイスキーなどのハードリカーばかり飲まれるお客様なら大丈夫です。

あと、お客様が4人おられるところに、4人様が来られたらお断りしたり、逆に、5人おられても3人様をお入れする事があるかもしれません。

尚、予約を優先しますので、お越し頂ける時間と人数を連絡いただければ、お席は確保しておきます。


店側の都合でお客様にご迷惑をおかけする事があるかと思いますが、ご理解頂き、ご了承のほど宜しくお願い致します。
  


Posted by THE BARMAN at 20:04Comments(0)その他

2013年12月30日

スタッフの初投稿

THE BARMAN スタッフです。




私事ではございますが、今年いっぱい(12月31日)をもってお店をあがります。

早いもので、THE BARMAN は来年5月に10周年を迎えます。
お店の手伝いを始めた10年前は、まだまだ20歳代でピチピチでした (^_^;)
お酒に何の興味もない私がこれまでスタッフとしてやってこれたのも、お客様のおかげだと大変感謝しております。
本当にありがとうございました。

THE BARMAN 並びにマスターは変わらずあり続けますので、今後とも変わらぬご愛顧、宜しくお願い申し上げます。

それでは皆様、よいお年を。
(明日も営業しております)

まだまだ弟子募集中です☆  
タグ :和歌山バー


Posted by THE BARMAN at 22:13Comments(0)その他

2013年12月14日

バーテンダー、出前します!

昨夜、とある会社のパーティーに出張バーテンダーとして行って来ました。

私を含めた、和歌山のオーセンティック・バーのマスターが3人揃い踏みです(笑)





なかなか楽しかったです♬


バーテンダーの出前をご希望の方は、私の方までご連絡下さい(^^)






  


Posted by THE BARMAN at 18:44Comments(0)その他

2013年11月30日

12月の休み案内&新入荷ビール♬

最近とても寒くなって来ました、ホットカクテルの季節到来ですね。


さて、12月の休みの案内です。


2日(月)
9日(月)
16日(月)

を、休ませて頂きます。

17日から、年内31日の大晦日まで営業致します。

それと、13日(金)は、とあるイベントのお手伝いの為、21時からのOPENとなります。



先日、新しいビールを仕入れました。
ここ数年で一気に人気が出た、「IPA」です。

IPAとは、India Pale Ale(インディア・ペールエール)の略で、簡単にいえば苦味のしっかりしているビール、でしょうか。

IPAは大航海時代にイギリスからインドでビールを運ぶ際、冷蔵庫のない船での長旅でビールが腐らないようにと、ビールに防腐効果のあるホップを大量にぶち込んだのが始まりでした。
ホップはビールの“苦味の基”ともなるハーブのため、当然ホップを大量にぶち込んだIPAは通常のビールよりも格段に苦味が強くなります。その苦味とバランスを取るためにそれを支えるボディも濃くなります。

詳しくは
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/インディア・ペールエール


で、今回入荷したのは「パンク IPA」。



以下、輸入元資料より。

◇透明感のあるゴールデンカラー。
香りは上品な麦芽、トロピカルフルーツ、そして何よりもブリュードッグらしいグレープフルーツ香が、大量のホップと共に現れます。
まさにホップの魔術師!味わいは香りの印象をそのまま引き継ぐ南国果実と麦芽由来の甘さ、ビターグレープフルーツが踊るホップ!終わりなき素晴らしい余韻へとつながります。

辛口評価サイト“ratebeer”では、98点という高得点獲得。◇


と、イマイチ解りづらいですが、香りはかなりフルーティで、しっかりと苦味が効いていて、なかなか美味しいビールです☆  


Posted by THE BARMAN at 20:34Comments(0)その他

2013年11月01日

11月の休み案内&自家製レーズンバター

めっきり涼しくなり、秋も本番になってきました。


11月の休みは、定休日の月曜だけです。

4日(月)
11日(月)
18日(月)
25日(月)

の以上を休ませて頂きます。

なお、24日(日)は都合により、オープンを20時からとさせて頂きます。

宜しくお願い致します。



それと、自家製のレーズンバターを仕込みました。

今回もフランスの有名バターの『エシレ』を使用しております。

発酵バターならではの、口どけのよさが美味しいですね♬

そして今回は、前々からやってみたいと思っていた、レーズンバターのバゲット詰めを作りました。



なかなかいい感じに仕上がっていますし、バゲットとの相性もいいです!

これで、少し溶けてきても美味しく食べていただけます。  


Posted by THE BARMAN at 18:22Comments(0)その他

2013年10月20日

バーのルール

「お金を払っているのだから、どんな飲み方楽しみ方をしてもいい」という考え方もありますが、バーといえば大人の空間、それ相応の振る舞いを出来てこそ大人の空間に入り楽しむ事を許されるのではないでしょうか。

では大人の振る舞いとは何でしょう?

私の持っている本の中にそんな事が載っていましたので、わかりやすく説明したいと思います。

少し厳しいことも書いてありますが、知っていて損はないと思いますし、知っていてする事と知らずにする事には雲泥の差がありますので。

*ですが、バーにも様々あります。そのバーに似合った呑み方が出来るのが素敵だと私は思います。


以下、たま さぶろ 編著、「ゆとりを愉しむ 至福のBAR」
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4487804140
より引用させて頂きました。




◆バーにはルールがある

難しく考える必要はない。ただ「ルールがある」と覚えたい。単なる「酔っ払い」と、上品な「酒呑み」とを隔てる境界線である。

社会のルールは明文化されている。しかし、人生のルールは不文律である。バーのルールが守れないということは、人生のルールを守れないのと同義である。


◆バーは、酔うところではない

酒を呑みに行く場で「酔うな」とは、これまた如何なものかと思うだろう。しかし、実際、アメリカのバーでは、「こいつは酔っている」と認識された客のオーダーは受け付けない。日本でも泥酔の醜い場合はそうであろう。バーには、酔いに行くわけではない。それだけは認識したいものだ。


◆バーは大人の嗜みである

まともなバーの一軒も知らないようでは、大人とは言えない。「いい店、知っているねぇ」。知人をバーに案内した時、最上の褒め言葉である。バーは、人の品格すら問いかねない場なのである。


◆バーでは、脱帽せよ

あるバーテンダーはこれを理解していない若者がいると憤慨している。神社などと同じように、社交ルールとして飲食の場も、結界に入る。礼を払う場では、脱帽する。「脱帽」の日本語くらい知って欲しい。なお、女性のみ着帽が許されるケースがあることをついでに知っておきたい。


◆ドレスコードを意識する

「ドレスコードなし」と言われても、短パン、ビーサンは勘弁して欲しい。近所の行き付けやリゾートなら許されるだろうが…


◆知ったかぶりはやめよう

これはビギナーよりも慣れた客に多い。バーとは薀蓄(うんちく)を垂れる場ではない。特に、自分だけが「特別な知識」と思って開陳しているのだが、周囲の客が内心「常識だ」と思っているケースなどは、愚の骨頂である。「無知の知」とは言うが、ひどく自戒したい項目でもある。


◆隣の客に気安く話しかけない

ひとりでバーに通っていると、ついつい、話しかけてしまうのだが…。もし隣人と話したい場合は、バーテンダーに取り持ってもらおう。バーテンダーとのトライアングルの中で会話が成立するなら、隣人も話し相手が欲しいと考えているかもしれない。相手が異性の場合は、思いのほか注意すること。


◆バーテンダーの提言には素直に耳を傾けよう

バーテンダーは、さまざまなアドバイスをくれるバーの舵取り役である。もちろん、暗喩に気づかず、酔いが醒めてから「いけね、そういう意味だったか…」なんてこともある。「今日はそろそろお止めになったほうが」なんて言われた夜には、尻尾を巻いて帰路に就くべきだ。


◆その一杯が終わるまで席を離れない

酒をオーダーしたら、その一杯を呑み終わるまで席を立たない。バーテンダーは、常に最良のタイミングで至極の酒を振る舞おうと工夫している。とあるバーテンダーは、シェイクした一杯をグラスに注ぎ、サーヴしようとした瞬間、その客の携帯が鳴り、席を立たれると「自分の手元にあるカクテルを、どうしようかとすごく悩みます」と苦笑した。
また、一杯の途中にトイレに立つのも避けたい。呑みかけのカクテルが、カウンターに残されている様は、無様である。至福の瞬間を逃している。



と、割と厳しいこともありますが、上記したように知っていて損はありません。
知っていてその事を使うかどうかはお客様の判断ですし、カジュアルなバーで堅苦しくしているのもどうかと思います。
バーもTPOで使い分け、楽しくお酒を呑めれば良いのでは…


あと、枝川公一 著「バーのある人生」
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4121018354
も面白いので興味のある方は一読下さい。

  


Posted by THE BARMAN at 20:36Comments(2)その他