2015年11月09日

音楽とお酒

店用に注文していたCDが届く。

チェロの巨人「ムスティラフ・ロストロポーヴィチ」のバッハ 無伴奏チェロ組曲。

音楽とお酒

ヨーヨーマの無伴奏チェロ組曲はすでに持っていたので早速聴き比べてみると、同じ曲なのに弾き手で変わるものだなと納得。


これをスコッチのシングルモルトに例えると、上品で誰にでも聴きやすいヨーヨーマは「グレンリヴェット 18年」。
対して野太い力強さの中にも繊細さがあるロストロポーヴィチは「タリスカー25年」。

音楽とお酒

なんてとこでしょうか(^^;;
勝手な例えで申し訳ありません(汗)


音楽をしみじみ聴きながら、グラスをかたむける。
秋の夜長はこんな飲み方もいいものです♬



同じカテゴリー(お酒)の記事画像
ニューボトル
GRENMORANGIE 18yo by AZUMA MAKOTO
大物登場
アードベッグと紫陽花
令和元年スペシャルウイスキー
春カクテル
同じカテゴリー(お酒)の記事
 ニューボトル (2022-08-28 22:37)
 GRENMORANGIE 18yo by AZUMA MAKOTO (2021-09-28 19:02)
 大物登場 (2019-12-06 21:22)
 アードベッグと紫陽花 (2019-06-09 18:55)
 令和元年スペシャルウイスキー (2019-05-02 19:31)
 春カクテル (2019-04-14 18:16)

Posted by THE BARMAN at 11:28│Comments(0)お酒
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。