2012年02月22日

オレンジオレンヂ




和歌山県はミカンを代表に柑橘系の果物がたくさん取れます。

ネーブルオレンジもたくさん栽培されているみたいで、毎年この時期前後は当店でもメニューに並びます。

輸入のオレンジも味は悪くないですが、国産(和歌山産しか扱ったことないですが…)ネーブルオレンジと比べると雲泥の差があります。

味は爽やかな酸味を感じる甘さで、特に圧倒的な違いは「香り」です。

皮からくる得も言われぬ爽やかな香りは、他の柑橘には無い独特のものがあり、とても良い香りです。


カクテルにするなら、やはりウォッカと合わした「スクリュードライバー」が一番味がわかります。

個人的にはシャンパーニュと合わせた「ミモザ」が好きです。

和歌山のネーブルで作ったのを味わうと、普通のミモザは飲めなくなります!
ってくらい美味しいです♬



さてさて、この素敵な和歌山産オレンジ。

今回はコアントローというオレンジのリキュールに更に漬け込みました。

正確にはオレンジの皮だけを薄く剥いてコアントローに漬け込みました。

オレンジのリキュールなのに意味が無いじゃないかと思われますが、あの美味しいコアントローに更に和歌山産ネーブルの香りをプラス出来たら!と考えたのが始まりです。

さぁ、上手くいくでしょうか乞うご期待。



同じカテゴリー(フルーツ)の記事画像
2022年 初スダチ
2022年初ライム
2022年 ミント
2022 収穫
畑報告
新漬けオリーブ&ウチのライム
同じカテゴリー(フルーツ)の記事
 2022年 初スダチ (2022-09-08 10:45)
 2022年初ライム (2022-08-26 19:44)
 2022年 ミント (2022-04-30 12:48)
 2022 収穫 (2022-01-14 18:06)
 畑報告 (2021-11-04 13:43)
 新漬けオリーブ&ウチのライム (2021-10-27 17:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。